母子台北旅行 【3日目】

2018年05月15日

昨日もらったカードゲームにハマって朝からカードバトル。
どこで覚えたのかケーちゃんも「地獄の果てまでぶっ飛ばしてやるぜ!」と物騒なことを叫んでいた。昨夜心配したホームシックは寝たら忘れたようで朝にはケロッとしていました。

ホテルに併設のカフェで朝食を取り今日も元気に出発!

華山1914文創園区

台北で話題のアートスポット華山1914文創園区に行ってみました。
日本統治時代の酒工場の跡地を絵心豊かに再利用したアート・イベント空間(※台北ナビ引用)だそうです。初日に行った中山堂や西門紅楼もそうですが台北にはこうした古い建築物をうまく活かしたお洒落な文化施設が沢山あります。




赤レンガ倉庫のような場所も



子連れが沢山並んでいるイベントがあったのでよく分からないけど並んで入ってみました(笑)
ベビー用品のイベントをやっていたようでベビーじゃないけど混じって遊ばせてもらいました♪
中国語だったけどカタコト英語とジェスチャーで「私これやりたい!撮影もしてほしい!」と図々しくお願い。風船や母子手帳ケースのお土産までもらっちゃったー^^

お洒落なカフェやランチのお店もいっぱい
牛肉麺のセットについてた黒いお茶(仙草茶)美味しかった~
お土産に買いたいと思って店員さんに売っている場所を聞いたけれど下手すぎる英語の為うまく伝わらず(涙) 英語もっと勉強しよう!

お土産何か買いたいな~とお店を探していたら何故か有料の木育プレイエリアへ入り込んでしまった。子供と大人100元(3歳までは無料)で1時間ほど遊べるとのことで遊ぶことに。
魚釣りや射的、凝った木の玩具が沢山会って結構みっちり遊んでました。

この施設自体、結構大人向けの場所なのかな~と思っていましたが広い芝生広場あり、子連れ歓迎のお店多しで台湾のママたちも沢山来ていました。

猫空

木育エリアで結構な時間が経ったので買い物を諦め(涙)、MRTで動物園駅へ。
動物園に行くのではなく、ロープウェイに乗って猫空へ。

思っていたよりもう~~~~んと長いロープウェイでした(20分)
私たちは乗らなかったけれど床が透明なクリスタルゴンドラもあるみたいですよ。
この日は日曜日ということもあって地元の人も沢山来ていて大混雑。
でも観光客は別レーンで案内されてすぐに乗れました。

猫空駅周辺は食べ物屋さんなんかで結構な賑わい。
そこを抜けて歩いていくとポツリポツリと茶芸館やカフェがありました。
お茶の名所ということでここは一つ茶芸館へ・・・と思ったのですがガイドさんごっこをしていたリョー君が案内してくれた一番手前のカフェへ吸い込まれ・・・でも冷たいフルーツティー美味しかった♪

もう少しゆっくり居て茶芸館のはしごでもしたいところだったけれど子供たちが昨晩の夜市にハマって今日も行きたいと言うので茶葉のお土産を買って一旦ホテルへ。
今回は動物園(すごく広いらしい)は避けましたが、動物園と猫空のセットで行くのも良いと思います♪

台湾の子連れに優しいポイント 「MRT」

駅の構内がとても分かりやすい&エレベーターも分かりやすいところにあります。 新宿駅や東京駅みたいにホームに行ってまた別のエスカレーターを降りて・・・なんてのは無く、迷いません。そして、子連れは優先席に必ず座らせてくれました(恐縮していてもお母さんもどうぞどうぞ・・・と周りの人みんなに言わました)


途中、町はなにやらお祭りのような賑わい。活気のある国だな~

またまた夜市・・・

昨日と同じ寧夏路夜市へ。西門のホテルからタクシーで100元ちょっと。
タクシーのおじさん、「ニホンジン?」と英語で沢山お喋りしてくれました。
「遠い昔に日本に行って富士山を今は懐かしの写ルンですで撮影したよ」という風なことを言っていた(と思う)。結構色んな人に「ニホンジン?」と声を掛けられることが多かったような(そして大体友和的)。

このテカテカは何で漬け込んでいるのか気になる・・・

たまたま入った屋台で鶏肉飯を食べました。
めっちゃ美味しい~~~(><)後で調べたらこの夜市の一番の名物とのこと。
殆どリョー君に食べられてしまった~ 魯肉飯も頼めば良かった!
こんな美味しいものが100円程度で食べれるなんてすごいぞ台湾!

ケーちゃんは相変わらず夜市で食べず。頑なに拒否!
ちかくのファミマに入ってご飯を調達すると・・・

台湾バナナお気に入りw

食後はお楽しみのゲーム。
これでもかっ!ってくらい玩具が吊り下げられています。

金魚釣りもしました。こちらの金魚すくいはキャッチアンドリリース。
子供が飽きるまで延々とおたまですくいます(金魚大丈夫か!!?)

この日も沢山の戦利品を貰って岐路に着きました。

台湾の子連れに優しいポイント 「ゲーム屋台」

ゲーム屋台ではどのゲームもルールは単純で小さな子から小学生まで楽しめます。 50元で1箱、100元で3箱というところが多かった。日本の縁日のゲームと違って結構長い時間楽しめます。ゲームの成績によって玩具がもらえるのでホテルでの良い暇つぶしにもなりますよ。(但し荷物が増えるので注意)
夜市のゲーム屋台は平日はあまり出ないとのことなので週末がおすすめ。

・・・

ちなみにテレビ問題はCrunchyrollという海外で日本のアニメを配信しているサイトでバディファイトがあったのでフリートライアルを利用して解決しました!

« 母子台北旅行 【2日目】 | メイン | 母子台北旅行 【4日目】 »