母子台北旅行 【1日目】

2018年05月12日

諸事情ありまして、母子で台北に1週間ほど行ってきました!
(旦那はスケジュールが合わずお留守番 汗)

台北は一度行ったことがあるものの、九分、小籠包、東京のような街・・・というイメージしかなく、子連れで行って楽しめるの?そもそも母一人で子供二人連れて行けるの?大変なだけじゃないの?などなど・・・不安や心配もあったもののエイヤッと行ってしまえばそれはもう大満喫の一週間でした!

台北がこんなに子連れに優しくて楽しい街だったなんて思わなかった!
帰ってきたばかりだけれどまた行きたい!
長くなりますが少しずつ旅行記綴って行きたいと思います。
台北子連れ旅行を検討している方の参考になれば・・・

出発&入国

とうとうやってきた台北旅行。みんな体調を崩すこともなく当日を迎えられてホッ。
旦那さんに成田空港まで車で送ってもらって私も子どもたちもワクワクで大冒険へ出発!

今回はLCCの激安チケットを取ったので第三ターミナル。
キッズエリアはかなりしょぼかったですが子供たちはそんなの関係なくはしゃぎまくり。

4時間近くのフライトはiPadにダウンロードしてきたドラえもんを観たり、本やブロックで時間を潰していたらあっという間。3才にもなると飛行機もラクになったもんだ。

台湾桃園国際空港に到着!なんかカッコいい!
インスタやってないけどインスタ映え!笑
タクシーがカード使えるか分からなかったのでここで5万円ほど両替をしました。

入国手続きは長蛇の列。途中けーちゃんが寝てしまい抱っこしつつ荷物を抱えて大変でした。
けーちゃん、3才。昼寝がある子はまだ抱っこ紐が必要です^^;

空港からホテルへはバスが安いので迷ったけれどタクシーにしました。幼児二人連れの母子旅行、無理は禁物です。。事前にホテルにメールして送迎のタクシーの手配をお願いしておきました。結局、子供たちは二人ともタクシーの中で爆睡!バスにしなくて良かった・・

ホテル&西門散策

1時間ほどでホテルに到着。
荷物を持ってベビーカーを引いてふらふら蛇行していると宿の人が手伝ってくれました^^;
日本語を話せる女の子も一人いましたが他は大体英語のようで、私の拙い英語でなんとか部屋のテレビが映らないから直して~と伝えようやく一息。
部屋は狭いながらも清潔で必要なものは揃っていて快適に過ごせました。

泊まった宿は西門駅から徒歩5分ほどのところにある町記憶旅店(CHO HOTEL)
エクスペディアで評価が高かったのと、たまたまダブルベッド&シングルベッドの部屋がお得なお値段で出ていたので決めましたが、とってもおっしゃれ~なホテルでテンションが上がる!
しかもお菓子やカップ麺もサービスとのことで毎日のホテル休憩時にここでお菓子を選んで部屋でテレビ見ながら食べるのが子供たちの楽しみになってました♪

子供たちはお昼寝をして元気モリモリだったので早速ホテルのある西門周辺の散策へ。
初日ということもあって見るもの全てが新鮮!
西門駅周辺は東京でいうと渋谷や原宿なんかに雰囲気が似ていて結構ごちゃっとしているのですが、ちょっと入るとすごくローカルな路地裏があったり、店先で調理している美味しそうな食べ物屋さんが沢山あったり、日本統治時代のクラシックな建築物があり、歩いているだけで外国に来たーという雰囲気でワクワク。

そしてとにかくバイクが多い。
台湾の人にとってバイクはチャリンコ的な位置づけなんだと思う。
普通に歩道につっこんできます。

こういう路地や台湾の集合住宅がたまらなくツボで写真撮りまくり!

駅の反対側にある「中山堂」は日本統治時代のレトロな建物。ここは日本が台湾から撤退する際に降伏文にサインした場所とのことです。子供たち、「行ってみる!」とのことで中に入ってみましたがクラシックな雰囲気でとっても素敵。

ギャラリーをきょろきょろしているとスタッフのおばちゃんがやってきて何やらスタンプの台紙をくれました。どうやらスタンプラリーをやっているよう。
子供たちはノリノリでスタンプ探し!こうしたちょっとしたことでも子供は楽しめてイイね^^

中山堂を見た後は近くの「趙記菜肉餛飩大王」で夕食を取りました。
しょっぱなからローカル臭プンプンの食堂にいざ!

驚くべきはその量。水餃子と麺を注文すると巨大な水餃子が8個ドカーン!大盛麺がドカーン!
母と幼児二人で食べきれるのか(汗) 母子旅、食事が悩ましい。 
ああ・・・パパがいれば・・・と、こんなところで旦那の有難みを知る(´д`;) 
最後はリョー君となんとか力を合わせて完食。
(この店は私たちの中で「肉まん大王」と命名され、後々何度も「あの肉まん大王、ホント量多かったよね~」と話題に上がることになります)

そうそう、今回の旅行にあたって子供たちにはミッションカードを作っておきました。
ヒーローたちが「迷子にならないようにママと手をつなごう!」や「現地の人に中国語で挨拶してみよう」なんかの指令を下してくれるというもの(笑) 単純な5才&3才男子に効果てきめんw 裏に作ったフリーページは今回の旅行でスタンプを押す台紙となり大活躍♪

食後は台湾のデザート、豆花を食べてみたい!と思い、近くの「明池豆花」へ。
メニューがいっぱいあるけど中国語で全然わからない~~~(汗)
と、とりあえず芋のやつがおいしいとかってネットで読んだかも!と思いトッピングで頼んでみるとえらい地味~な出来上がりに・・・(汗)
味は甘さ控えめで優しい味~ 見た目は地味だけどタロ芋の団子みたいなやつ美味しかった!

ホテルに戻る途中、「西門紅楼」の裏を通るとなんだか素敵な雰囲気~
リョー君が「ここ後で行ってみようよ」と言うので、色々スケジュールは組んでいたものの、それもいいかもな~なんて思ったのでした。

夜の街もなんだかごちゃっとしていて楽しげな雰囲気。
昔台北に来たときはもっと綺麗で整えられた印象が強かったけれど
今回この雑多な感じがものすごく好きだと思ったのでした。

ホテルでテレビをつけてみるとちびまる子ちゃんが!
MoMoチャンネルという局(?)ではまるちゃん、トーマス、アンパンマンなど日本のアニメが中国語で毎日やっていました。台湾でまるちゃん人気みたい。

台湾は日本と時差が1時間ということで少し早めに就寝。
初日から期待以上の台北の街に心躍らせつつ、明日はどんな一日にしようかなと考えて私も眠りにつきました。

« 益子陶器市 | メイン | 母子台北旅行 【2日目】 »